総合進学コース
経理実務コースってどんなところ?

どんな組織にも必要な専門技能だからこそ、
選択肢も広がる

卒業後、会計現場の即戦力としてすぐに働けるように、商業簿記を核に、電卓・情報処理・表計算などの技術を身につけます。専門知識がなくても問題ありません。個々の習熟度にマッチしたキメこまやかな指導方法によって、確実に実力をつけ各種検定合格を実現します。これら専門教科に加え、一般教科も同時に学んでいきます。専門知識+IT技術を持つという大育ならではの公認会計士像への道のりが、IT技能保持が通常となっている現代社会のスペシャリストを育成します。

経理実務コース

卒業後の進路

即戦力として、各企業から期待されています。

IT関連の数多くの資格。また、簿記・税法等のビジネス系の資格まで。難易度の高い検定に1年生から取り組んでいくので、3年間で専門学校の卒業生に匹敵する知識や技術が身につきます。なので、すぐに実力を発揮することができます。


学生
image

資格・就職

取得可能な資格

大育ならではの学習方法で簿記会計をはじめ、税務会計、文書処理、電卓、表計算などのビジネス系の専門教科を勉強し、数多くの資格検定への合格を目指します。
また、英語検定や漢字検定などの一般教科に加え、社会人として必要なマナーや社会常識も大切にし、即戦力として活躍できる人材育成を目指しています。

  • 簿記検定1級
  • 英語検定2級
  • 漢字検定2級
  • 表計算検定初段
  • 電卓検定段位
  • コンピュータ会計1級
  • 社会常識検定1級
  • ワープロ検定1級
  • 硬筆検定2級
  • 税務会計検定2級
image

大会実績

image

本校は、「国簿記・電卓競技大会」
(文部科学省後援・全国経理教育協会主催)
における優勝獲得常連校。
簿記電卓といえば大育!

image
image
image
image
image
image

メッセージ

先輩メッセージ

辻野 雄哉【松島中学校出身】

高資格で国立大学の推薦合格を勝ち取る!

辻野 雄哉【松島中学校出身】

中学生の時、経済のスペシャリストに興味がわきました。高校受験が視野に入ってきた時、大育の特性あるカリキュラムを知り、「コレだ!」と思いました。目標は高く掲げ日商1級取得でしたが、入学した時は簿記など知識ゼロ。しかし、個々の習熟度に合わせた指導体制で、1年の時、3級取得、2年の6月には2級取得しました。3年で1級取得が目標です。これを武器に国立大学の推薦を狙っています。

Daiiku Network

資料請求

DOCUMENT REQUEST

ホームページ掲載内容よりもさらに詳しい情報を知りたい方へ、
当校の詳しい資料を無料でお送りしています。