理事長挨拶

わが国の経済情勢は、「大胆な金融政策」、「機動的な財政政策」、「民間投資を喚起する(成長戦略)という三本の矢を基本方針とした通称アベノミクスと呼ばれる経済政策の効果も表れつつあります。

本県では、観光関連産業は好調に推移し、県内の企業においても業績改善の兆しがあらわれ始めています。

学校教育は履修期間にどれだけの教育成果が上げられるかが問われるなかで、比較的短期間でスペシャリストの養成ができる専門学校は、大学に並ぶ専門教育機関としての役割を果たすことができます。

「どの学校を出たか」ではなく、「何を学習したか」が問われる実力主義の社会を迎えており、「学歴より学習歴」が評価される時代になりました。資格の時代を迎えた今、職業には「なくてはならない多くの資格や免許」があり、資格は「自らの未来を拓くパスポート」ともいえます。

若者が自らの目標に向かって努力し、高い資格取得率と就職率を維持していることは、本学園がもっとも誇りとするところであります。

学校法人石川学園 理事長 石川 正一

沿革

  • 昭和52年(1977年)4月

    各種学校の設置認可により、大育簿記会計学院を設立。

  • 昭和55年(1980年)12月

    大育簿記会計学院を大育ビジネス学校に改称

  • 昭和57年(1982年)1月

    専修学校の認可に伴い、大育ビジネス専門学校と改称

  • 昭和60年(1985年)12月

    大育ビジネス専門学校に高等課程を設置。

  • 昭和63年(1988年)3月

    大育ビジネス高等専修学校を設置認可。

  • 昭和63年(1988年)3月

    大育ビジネス専門学校を大育情報ビジネス専門学校に改称、現在に至る。

  • 平成2年(1990年)2月

    学校法人 石川学園の認可に伴い、大育ビジネス高等専修学校の設置者を学校法人に変更。

  • 平成5年(1993年)3月

    大育電子専門学校を設置認可。

  • 平成5年(1993年)3月

    大育ビジネス高等専修学校を学校法人 大育高等専修学校と改称、現在に至る。

  • 平成14年(2002年)4月

    美容師養成施設の認可に伴い、大育電子専門学校を大育美容福祉専門学校と改称。

  • 平成16年(2004年)3月

    歯科衛生士並びに調理師養成施設の認可に伴い、大育美容福祉専門学校を学校法人 専門学校大育と改称、現在に至る。

  • 平成21年(2009年)3月

    厚生労働省指定の美容師並びに理容師養成施設の認可に伴い、学校法人 大育理容美容専門学校を新たに設置し、現在に至る。

  • 平成22年(2010年)4月

    歯科衛生士養成所指定規則等の改正に伴い、歯科衛生士養成施設の修業年限を2年課程から3年課程に変更した。

  • 平成23年(2011年)4月

    学校法人 専門学校大育は、厚生労働省指定の製菓衛生師養成施設校となる。

  • 平成28年(2016年)2月

    学校法人 専門学校大育の調理本科は、職業実践専門課程として文部科学大臣の認定を受ける。

  • 平成29年(2017年)2月

    学校法人 専門学校大育の歯科衛生士科は、職業実践専門課程として文部科学大臣の認定を受ける。

  • 平成29年(2017年)9月

    学校法人 大育高等専修学校は全国簿記電卓競技大会に出場し、簿記競技の部で優勝した。尚、簿記競技の部は通算13回の全国最多優勝校となった。また、電卓競技においても通算15回の全国最多優勝校となっている。

教育について

校 訓

  • 立志根性
  • 勇断責任
  • 創意工夫

教育方針

  • 一.自分の明確な目標を持てる人
  • 一.努力を継続する根性がある人
  • 一.「はい、いいえ」を快活に言える人
  • 一.自らの役割と責任を自覚できる人
  • 一.創意工夫して実行できる人

教育目的

一.
本学園は、教育基本法の精神に則り、学校教育法に従い、職業若しくは実際生活に必要な能力、又は教養の向上を図ることを目的とする。
二.
本学園は、豊かな人間性と創造性を備えた人間の育成を期すると共に、新しい文化の創造を目指す教育を推進することを目的とする。
三.
幅広い知識と教養を身につけ、豊かな情操と道徳心を培うと共に健やかな身体を養い、主体的に社会の形成に参画し、その発展に寄与する態度を養う教育を推進する。
四.
個人の価値を尊重して、その能力を伸ばし、創造性を培い、自主及び自立の精神を養うと共に、職業及び生活との関連を尊重し、勤労を重んずる態度を養う教育を推進すること。

教育目標

一 .出席率の管理徹底
出席率の悪い学生に対する補講を徹底し、90%以下の出席率の学生が皆無となるようにする。
二 .教育成果の管理徹底
資格検定試験に対する模擬試験を実施し、全学生が 70%以上の成績評価に到達できるように指導し、試験結果の授業へのフィードバックも徹底する。
三 .就学環境の改善整備
日常の授業での態度や身なりなど、マナーを徹底し、学生同士が切磋琢磨し、品格のある若者の育成ができる就学環境を整える。
四 .個人別配当表の管理徹底
個人別の授業時間を適切に管理し、各人の授業時間が合理的で、かつ公平性を期するように管理する。

指導方針

一.
各教科ごとに達成目標を明確にし、詳細な指導計画を作成する。
二.
各教科の指導方法は常に創意工夫し、「わかり易い授業」を実践する。
三.
各教科ごとに指導計画と達成度を比較し、教務を計画的に遂行する。
四.
教育の成果は努力が必要であることを理解させ、常に前向きの姿勢を育てる。
五.
時間励行、整理整頓、掃除洗濯、礼節を守るの「凡事徹底」の教育を目指す。

学校評価

職員採用情報

募集職員

「教務・教務補助」

1.理容師

2.調理師

3.製菓衛生師

4.簿記・会計

5.理科・数学・社会・英語・国語(本学園の高等専修学校及び公務員分野の講師)

6.総務事務

 

「企画営業」

・大育グループ各事業部(専門学校、予備校、塾)の営業担当

※中学生対象の学習塾を新規開校予定です。新規事業に一から携われるチャンス!

・入会希望者への説明対応等の広報業務


資格

5は高等学校教員免許取得者優遇。
年齢不問・経験者優遇・講師経験は問いません。
その他、要件等の詳細はお問合せください。


勤務

8:30~17:00(1H休憩)
※予備校事業部へ配属になった場合は、8:30~22:30の間の実働8Hシフト制(1H休憩)となります。


給与

経験を考慮の上、当校規定により優遇


待遇

社会保険完備、交通費支給、育児休暇、健康診断、学内食堂あり、財形貯蓄制度等


休日

週1~2日(年間100日)
※予備校事業部の場合は、週休2日制(年間110日)

※その他、夏期休暇・年末年始


応募方法

履歴書・職務経歴書を郵送又は持参。書類選考後、面接日をご連絡します。


応募に関してのご質問等がありましたら、
お電話・メールにてどうぞお気軽にお問い合わせください。

 

【お問い合わせ先】
TEL 098-885-5311(代)
MAIL info@daiiku.ac.jp

 

【書類送付先】
〒902-0066 沖縄県那覇市大道77
学校法人石川学園 事務局 採用担当 宛